食をコーディネートする|自分でパンが焼けるようになる|教室でプロから教えてもらおう

自分でパンが焼けるようになる|教室でプロから教えてもらおう

男女

食をコーディネートする

和食

国内唯一の資格があります

おしゃれなお皿に盛られた色とりどりのおかず、熱々の湯気が上るお鍋。雑誌やテレビCMなどで見て思わずゴクリ、なんて経験したことありませんか。このような「食」を演出をするのが、フードコーディネーターの仕事です。フードコーディネーターに国家資格はありませんが、民間団体が実施している国内唯一の民間資格があります。この資格は1〜3級と3段階のレベルに分かれており、最上位である1級はプロとして活躍できるレベルとなっています。そのほかに食に関する資格に管理栄養士などがあり、それらを仕事をするうえで資格は必要となりますが、フードコーディネーターの場合はこれらとは違い、その必要はありません。しかし、資格を取得することで、食品メーカーなどへの就職・転職で自分の能力をアピールすることできます。そのため、フードコーディネーターの資格を取得する人が増えています。

演出だけではありません

フードコーディネーターの仕事は「食」を演出するだけではありません。食品関係の企業で商品の企画や飲食店でのメニュー開発、料理番組などのメディアへの出演、料理教室の講師、食に関するイベントのアドバイザー、レシピ本の執筆など、さまざまです。フードコーディネーターは料理について深く研究する料理研究家とは違い、「食」の提案や演出などのトータルコーディネートを行うほか、マーケティングから生産、販売まで行ったりするため、ビジネス的な側面も持っています。そのため、食に関する専門的な知識だけでなく、情報収集力や提案力、技術力、創造力などのセンスも必要となります。また、クライアントが何を要求しているのかを察知できる能力も必要となります。このようにフードコーディネーターは「食」に興味があること、人を喜ばせることが好きな人に向いている仕事といえます。